知立・刈谷を中心とした登記・測量事務所

川地事務所

川地事務所
川地事務所
MENU
お知らせ・ブログ

「法定相続情報証明制度」に係る情報提供について(月別: 2017年5月)

更新日:2017/05/20

お知らせ

20170331101329

今月下旬より、「法廷相続証明制度」が開始することになりました。相続人が不動産登記の変更手続きなどに必要な戸籍関係の書類一式を登記所で1枚 の証明書にまとめる仕組みで、相続人の負担軽減を図るためだそうです。

現行制度では、遺産相続で不動産登記変更や相続税申告、銀行口座解約、自動車の名義変更などを行う際に、窓口ごとに死亡した被相続人の出生以降の全戸籍謄本 と配偶者や子どもなど全相続人の戸籍抄本が必要となります。これらの戸籍関係書類は手続きによっては返還されないものがある上、発行の手数料も掛かり、相続人の負担になっていました。

新制度では、全国417の登記所に関係書類一式を提出すれば「法定相続情報一覧 図」の写しを発行してもらえるようになるそうです。手数料は無料。当面は不動産登記手続きで利用可能で、法務省は他省庁や民間金融機関などに働き掛け、官民いずれの手続きにも使えるようにする方針だそうです。

 

 

LINEで送る

土地境界確認~礒貝~(月別: 2017年5月)

更新日:2017/05/10

お知らせ

DSC_0718

土地家屋調査士部門の磯貝です。事務所では、主に土地境界確認の案件を担当しています。土地境界のことを我々専門家は「筆界」とよんでおります。
この筆界が創設されたのは、明治時代初期に行われた地租改正事業の時からで、「公法上の境界」と言われています。我々土地家屋調査士は過去の資料(公図や地積測量図等)を取り寄せて「筆界」を探りあてていきます。
お客様の依頼された現場に行って「この辺りに境界杭があるだろうなー」と思って地面を掘っていくときちんと境界杭が出てきます。(ちなみに上の画像は閉鎖公図で、筆で描かれた地図です。)
土地境界確認をすることによって、将来起こるかもしれない「土地境界のトラブル」を未然に防ぐことができます。土地境界に関心をお持ちのお客様は、ぜひ当事務所までご相談下さいませ。

LINEで送る
ご相談の流れ お電話でお問い合わせ 地図・アクセス
ご相談の流れ お電話でお問い合わせ 地図・アクセス

Copyright © 2015 川地事務所. All Rights Reserved